トレチノインの塗り薬

一度できてしまうとなかなか消えずに残ってしまうシミですが、原因は表皮内に残ってしまったメラニンにあります。
メラニンは元々、身体の防衛反応の一つです。
肌の奥深くにある真皮には神経や血管が通っていて、非常に重要な部位となっています。
真皮を破壊する紫外線や強い外的刺激等から身を守るために、表皮内でメラニンを生成して、真皮にダメージが及ばないように防御する働きが備わっています。
健康な肌であれば、役目を終えたメラニンは細胞の生まれ変わりと共に、皮膚から取り除かれます。
ところが、年齢と共に細胞の活動が衰えてしまう上に、乱れた生活習慣で肌細胞が十分に育たなくなると、細胞の生まれ変わる機能も衰えてしまい、メラニンが肌に留まってしまいます。
こうしてできてしまうのが、シミなのです。
シミを改善するには、肌細胞の働きを活発にさせる必要があります。
これに効果的なのが、「トレチノイン」です。
トレチノインで特に注目したい効果は、肌細胞を活発化させる事です。
肌細胞の働きを高める事で、新陳代謝が活発になります。
これによって、シミの原因となっているメラニン色素の排出を促し、シミを消す事が可能です。
肌細胞が活発になる事で、シミを取り除くだけでなく、肌を内側から健康にさせるという効果もあります。
コラーゲンの分泌を促して、弾力性の肌になります。
また、皮脂腺の働きを抑える効果もあるので、ニキビの出来づらい美肌を目指す事ができます。
ただし、トレチノインを使用中は、紫外線に対する防御力が弱まってしまうため、シミができやすくなる恐れがあります。
せっかく消えたシミを再び増やさないためにも、外出する時には必ず日焼け止めを使用しましょう。